Tari Ito & Swing MASA


by RubberTit

タグ:swingmasa ( 3 ) タグの人気記事

Rubber Tit a hands-on experience / Chicago Monroon
By Supriya Sinhababu
Friday, April 6th, 2007
Like a punctured hot air balloon, it began its performance lying shrivele and orange at the bottom of a modified wooden crate with edges but n sides. With the aid of a portable air blower and the sounds of a jaz saxophone for inspiration, the thing slowly took shape, spiting the efforts o the small Japanese woman who energetically bound the crate at arbitrar intervals with rainbow-colored cord
When the thing grew big enough to chafe at the sides of the crate, the woman abandoned her web-weaving and wrenched the strange object bodily from its confines. Now a little taller than the woman herself, the thing at the end of its development finally resembled a “rubber tit,” both an actor and a prop in its, uh, titular performance.
Rubber Tit’s two non-synthetic performers assumed the shapes of Japanese lesbians: performing artist-cum-performance artist Tari Ito, and jazz saxophonist Masa, a New York resident for the past 20 years. Sponsored by the Japan Committee of the Center for East Asian Studies and the Center for Gender Studies, among others, Rubber Tit dealt abstractly with Japan’s ingrained homophobia and the difficulties of leading a lesbian lifestyle in that nation.
Some of the five dozen or so attending students, who sat mainly on the floor of the Cloister Club at Ida Noyes Hall on Tuesday night, may have come to Rubber Tit out of interest in such gender issues. Others may have expected only to experience something from the very broad category of “weird and from Japan.” The performance delivered on both counts, but also succeeded from a purely entertainment-seeking standpoint. Rubber Tit dragged lofty intellectual concepts from their roosting places down to the Cloister Club floor, where they could actually engage an audience.
Audience participation had a lot to do with Rubber Tit’s success. While the well meaning tactic has added a cheesy, elementary-school feel to many an otherwise interesting performance, Rubber Tit avoided corniness almost entirely. While the tit inflated, Ito wordlessly wrapped her rainbow cord around the feet of a few lucky audience members, this writer included. After extracting the fully-inflated tit from its prison, she spent a few minutes jumping and rolling around in the tit like a child in an enormous beanbag chair; then, to everyone’s surprise, she heaved the tit onto the cross-legged audience members. A sort of volleyball game quickly developed between Ito and the crowd, and before long the tit had made its way around the room. Ten-cent parallels to confronting the sexuality of oneself and others could be drawn from the literally in-your-face tit, but only in retrospect. The show itself was engaging enough that during the performance, the audience did not have to scrape for meaning to justify sitting through boring moments.
That said, some elements of the performance certainly packed more punch than others. The show began with the lights completely dimmed, and with Ito lying in the crate on top of the deflated tit. A camera inside the crate shed light on Ito’s writhing movements by way of a large projection screen at the front of the room. At one point the camera projection overlapped with the silhouette of a Japanese legislator, whom running text revealed as the first Japanese lesbian to come out during office. While certainly relevant to Rubber Tit’s themes, this woman’s story seemed adventitious because of its length and textual medium.
The music of Masa’s jazz saxophone, on the other hand, added immeasurably to the performance. At moments when Ito failed to completely arrest the audience’s attention—mainly during her brief pauses in interacting with the tit—Masa’s excellent playing picked up the slack. Significantly, Masa’s performance didn’t have the feel of being too artsy for the appreciation of novice jazz listeners. As with the tit, Masa’s music may well have expressed heavier themes of sexism and homophobia. However, it was entirely possible, if not easier, for the audience to leave contemplation for a later date, and instead just sit back and enjoy the show.
Rubber Tit a hands-on experience By Supriya Sinhababu Friday, April 6th, 2007/Chicago Monroon
[PR]
by rubbertit | 2007-04-07 15:58 | Review
Impressions of the Performance "Rubber Tit" on 4/3/07 at University of Chicago / Popular Culture In/Out of Japan
Celebrating Protest
[PR]
by rubbertit | 2007-04-05 12:00 | Impression / Chicago
Rubber Tit / パフォーマンスに向けて
- Meaning of Being Myself with "Don't Kill" -       by Swing MASA

「私」であることの意味と「Don't Kill(私のJazz Message)」
-反動保守化していく時代の中で埋没していく、「私」の回復を求めて-

「私」って、いったい何者なんだろう?
 9、11の事件があったとき、私は、NYのハーレムの自宅にいた。近所のグロサリーであのショッキングな映像をみた。事件の真相が何なのか、知りたくて、連日友達の家にある、テレビにかじりついていた。テレビ放送も、この事件以外の事は、バラエティも、コマーシャルもすべてカットで、放送していた。3日間見るうちに、私は、かなり怖くなってきた。何が怖くなったかというと、さも世の中のすべての人々がアメリカの報復戦争に賛成しているかのような、メディアのマインドコントロールがあったからだ。戦争は、嫌だという率直な気持ちすら、表現するのが難しいくらい、テレビのマインドコントロールに怖れている「私」がいた。
それから、テレビをみるのをやめた。

「私」って、いったい何者なんだろう。
わからない。だけど、これだけは、いえる。
どんな時代であろうと、どんな事が目の前で起ころうと、いついかなるときも、
私は、Swing MASAの人生を引き受けた人であるということ。
なぜなら、「私」は、彼女の人生の始まりから終わりまで、つきあう、唯一のひとだから

「私」って、何者なんだろう
ある朝、私の中で、泣いていた幼い頃の「私」ー「マーちゃん」を見つけた。
なんで泣いてるのかと訪ねたら、「マーちゃん」は、「いつもMASAに、怒られて、怖い」と。。。。。
私は、「私の中にいた、幼い頃の「マーちゃん」を愛おしく思った。かわいそうに。。。
私は、「私」に少しも、親切じゃなかったし、やさしくなかった。結果を出す事ばかり気にして。
そして、今、「私」は、正義の戦争におびえている。戦争は嫌だ!!

「私」って、何者なんだろう?
事件から、5年程経った今、人々は、9、11の事件が、何故起こったのか理解し始めている。
世界中の人々がもっとも、怖れているのは、9、11の事件そのものではなくて、
事件以降のアメリカの『正義』の戦争に、おそれおののいているのである。
アメリカの星条旗と日本の日の丸が、「私」の心の平和を浸食している。

「私」って何ものなんだろう?
40歳をすぎてから、決めたことがある

失敗した、「私」を責めないと
できなかった「私」を許してやると
この「私」というどうしようもない臆病者のナルシストをもう少し理解してやると
私のすべてを、「私」が引き受け、愛し、私のベストフレンドに、「私」がなってやるのだと
「私」を愛し、尊敬し、大切にしてやると
そして、少しばかりの、Swing MASAの自己表現の勇気を、応援してやると
「私」の、一番の理解者に、私がなってやると
「私」の成長や、幸せが、実現されなくても、「私」を愛すると
人が「私」につらくあたっても、いつも、私は「私」見方で、最後まで、「私」を見捨てないと
そして、残された、私の人生を共にすごしたいと思えるような「私」になると
「私」の心の声に耳を傾けながら、「私」のリズムとテンポで、歩いていくと
勇気は、ほんの少しでいい。
少しでいいけど、表現することを、忘れないでいよう。
「私」が、「私」であるために

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私と、セクシュアリティー; 性的呪縛からの自由
私は、相手の性にこだわらず、人を好きになる
私の性的体験の歴史;昔は、すり込みで、ヘテロしか知らなかったから、ヘテロだったが、それから、気がついたら、レズビアンになっていた。ずっと、男には、興味がないが、男男した人も女女した人も苦手。
私に取って恋愛とは、相手が女性であるか、男性であるかというよりも、いかにその人間関係を構築していけるかという事である。カウンセリングを受けながら、「私」という人間に、興味をもち、このままならない「私」といかにつきあうか悪戦苦闘し、最近は、結構、仲良くなってきた。15年くらい、シングルライフを楽しんできた。
私のセクシャリティって、どうやら、Swing MASAを演奏することかな??そんな感じ。
Homophobiaとは、闘っていきたい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
演奏ー自己実現の瞬間ー至福のとき
[PR]
by rubbertit | 2007-02-19 00:28 | Performanceに向けてのメモ